シャンプーと界面活性剤

シャンプーの成分は一種類ではなく、さまざまな成分が含まれています。

その割合ですがボトルの裏側のラベルを見ると含まれている量が多い順に成分が表示されています。

基本的に一番多く含まれている成分は水分で、次に洗浄成分である界面活性剤となっています。

シャンプーには、複数の界面活性剤が含まれている場合がほとんどですが、界面活性剤は洗浄力が強すぎて頭皮や髪の毛の必要な脂質を取り過ぎてしまうので、できるだけ界面活性剤数の少ないシャンプーを選んだほうがいいでしょう。

特にパーマやカラーで髪の毛のキューティクルが剥がれていたり、ささくれていたりしている時に、洗浄力の強いシャンプーを使うと、髪の痛みが激しくなってしまいます。

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウム、ラウリル硫酸TEA等と「ラウリル」や「硫酸」がつく成分が界面活性剤ですので、シャンプーを購入する際には、ラベルとしっかりとチェックするようにしましょう。